盗聴,盗撮,GPS,電磁波,ハッキング,情報漏洩,発見,調査,対策,スマホ,iPhone,マモテック,MAMOtech盗聴,盗撮,GPS,電磁波,ハッキング,情報漏洩,発見,調査,対策,スマホ,iPhone,マモテック,MAMOtech

【お客様相談窓口:正規代理店東京店】03-5856-5117
【お客様相談窓口:本社】0120-49-2026
24時間年中無休

盗聴・盗撮・GPS・電磁波・ハッキング・情報漏洩等の発見・調査・対策、全国ネットワークで現代のセキュリティをご提供する、業界トップの技術を誇る【MAMOtech security】盗聴・盗撮・GPS・電磁波・ハッキング・情報漏洩等の発見・調査・対策、全国ネットワークで現代のセキュリティをご提供する、業界トップの技術を誇る【MAMOtech security】

盗聴・盗撮
高度な盗聴・盗撮器発見調査力

現在の社会の中で巧妙に仕掛けられている盗聴器・盗撮器は、従来の盗聴器・盗撮器から飛躍的に進化を続けています。
そして、現在の盗聴器・盗撮器を発見調査するには、従来のような盗聴器・盗撮器の発見調査方法では、もはや対応することができなくなりました。

盗聴器・盗撮器の現状と対応できる調査機器・調査技術力


盗聴器・盗撮器は、IC基盤の搭載により、ますます小型化・機能化・暗号化されています。そして、発信電波の周波数においても従来は,1GHZまでの周波数帯で使用されていたものが、現在は3GHZまでの周波数帯まで拡大しています。
今後も使用される周波数は、ますます拡大していくものと考えられます。
盗聴器・盗撮器から発信される電波は、従来のアナログ電波も基本的に存在しますが、スクランブル暗号化・リモートコントロール機能化・スクランブルリモートコントロール暗号機能化・デジタル暗号化などが搭載された盗聴器・盗撮器が、もうすでに現在の社会の中に浸透し拡大し続けています。
今後もさらに機能化・暗号化され進化した盗聴器・盗撮器が誕生していくものと考えられます。
これらの盗聴器・盗撮器を調査発見するには、広帯域受信機(ワイドバンドレシーバー)・周波数カウンター・電界強度計などの機器を使用しても到底、発見することはできません。
現在において、存在する盗聴器・盗撮器の機能等について熟知していることが必要であり、それらの高度な盗聴器・盗撮器に対応できる高性能検出機器と高度な検出技術が必要になります。
現在の盗聴器・盗撮器 従来の盗聴器・盗撮器

アナログ電波使用

(FM放送帯・VHF帯・UHF帯・Ghz帯)

有線を使用

アナログ電波使用

(FM放送帯・VHF帯・UHF帯)

(アナログ放送1チャンネル~62チャンネル)

有線を使用

秘話方式アナログ電波使用

スクランブルGhz帯電波使用

(UHF帯・Ghz帯など)

従来の発見調査方法では発見することはできません。

リモートコントロール・アナログ電波使用

(UHF帯など)

従来の発見調査方法では発見することはできません。

デジタル電波使用

(800Mhz~1,200Mhz~3,000Mhz)

従来の発見調査方法では発見することはできません。

音の振動を収集

コンクリートマイクの可能性を検証

従来の発見調査方法では発見することはできません。

高度に進化した最先端の盗聴器・盗撮器を検出調査するには、それらに対応できる高性能な検出機器類を装備していなければ、検出することは到底できません。
そして、それらを検出するには高度な検出技術力と高性能検出機器がなければ検出することは到底できません。


MAMOtech securityは、最先端の盗聴器・盗撮器に対応する高度な検出技術と高性能検出機器を装備し、ご依頼者様の安心な環境、安全な環境をお届けするために全力で取り組んでいます。
MAMOtech securityが使用する高性能検出機器類です。
各検出機器の詳細な仕様説明等は省きますが、以下の高性能検出機器類を装備しています。

各種検出調査を行うための検出機器

MAMOtech securityが各種検出調査に使用する各種検出機器です。
調査に使用する機器は、これだけで良いと言う訳ではなく、常に最新の検出調査機器を装備し、最先端の調査技術を習得して行かなくてはなりません。
MAMOtech securityは、常に最新の検出調査機器を装備し、最先端の検出技術を開発しています。
基本的にこれらの検出調査機器が装備されていなければ、高度に進化した盗聴器、盗撮器、GPS追跡装置(GPS発信器)等を検出することは到底できません。
また、盗聴器、盗撮器、GPS追跡装置(GPS発信器)等の検出調査は、高度な検出調査技術力と高性能検出機器の装備力がなければ、高度な検出調査を行うことができません。

1

アナログ電波(周波数)を計測できる計測機器(Max:3,000Mhz)

2

アナログ電波の音声を復元できる復調機器(Max:3,000Mhz)

3

アナログ電波(周波数)を計測できる計測機器(Max:2,800Mhz)

4

デジタル電波(周波数)を計測できる計測機器(Max:2,800Mhz)

5

アナログ電波を検出できる検出機器(Max:6,000Mhz)

6

デジタル電波を検出できる検出機器(Max:6,000Mhz)

7

電界強度を計測できる計測機器(Max:2,500Mhz)

8

電波の状態と電波の波形を表示することができるスペクトラム機器

9

1.2Ghz~2.5Ghz帯のスクランブル音声電波、映像電波を検出できる検出機器

10

アナログ電波に対する電界強度を計測できる計測機器(Max:2,900Mhz)

アナログ電波の状態と電波の波形を表示できる検出機器(Max:2,900Mhz)

11

スクランブル機能型を検出できる検出器

12

リモートコントロール機能型を検出できる検出器

13

スクランブルリモートコントロール機能型を検出できる検出器

14

特殊機能型に対応できる検出機器

15

クロックモジュール等を検出できるレーザー検出器

16

各種端末本体を検出できる特殊機能型検出器

17

デジタル通信を監視できる監視機器(800,900,1800,1900,2100,2400Mhz)

18

デジタル通信を監視できる監視機器(800,900,1800,1900,2100,2400,2500~6000Mhz)


これらの高性能検出機器を使用し、高度に進化した盗聴器・盗撮器、GPS追跡装置(GPS発信器)等の検出調査に全力を挙げています。
特にデジタル通信を使用した改造型盗聴器あるいは車両用GPS追跡装置(GPS発信器)などが仕掛けられるケースが多く見受けられる状況になってきました。
デジタル電波は、アナログ電波の方式とまったく異なるためアナログ電波の調査機器ではまったく使い物になりません。
デジタル通信が行われていても何も分かりません。
このデジタル電波には、拡散方式・位相変調・バースト方式などのデジタル方式あり、各デジタル機器によって採用される方式が異なります。
したがって、これらのデジタル方式にも対応できなければなりません。
MAMOtech securityは、アナログ電波はもちろんのこと、これらのデジタル電波に対応する高性能検出機器を使用し、最高レベルの調査技術で対応いたします。
現在の社会においては、誰でもが突然に盗聴・盗撮・GPS追跡の対象者となり、誰でもが突然に盗聴・盗撮者、GPS追跡者になってしまう状況にあります。
身近な人物あるいは他の第三者が「重要な目的を持たずに盗聴器・盗撮器を仕掛ける」、「GPS追跡装置(GPS発信器)を仕掛ける」予想も付かない社会状況です。
盗聴・盗撮・GPS追跡されていることは、盗聴器・盗撮器・GPS追跡装置(GPS発信器)が運よく発見されなければ、盗聴・盗撮・GPS追跡されていることにまったく気づきようがありません。
そして何らかの理由で発見されなければ、盗聴器・盗撮器・GPS追跡装置(GPS発信器)が設置されたまま永久的にプライバシーが漏洩し続けることになります。