盗聴,盗撮,GPS,電磁波,ハッキング,情報漏洩,発見,調査,対策,スマホ,iPhone,マモテック,MAMOtech盗聴,盗撮,GPS,電磁波,ハッキング,情報漏洩,発見,調査,対策,スマホ,iPhone,マモテック,MAMOtech

【お客様相談窓口:正規代理店東京店】03-5856-5117
【お客様相談窓口:本社】0120-49-2026
24時間年中無休

盗聴・盗撮・GPS・電磁波・ハッキング・情報漏洩等の発見・調査・対策、全国ネットワークで現代のセキュリティをご提供する、業界トップの技術を誇る【MAMOtech security】盗聴・盗撮・GPS・電磁波・ハッキング・情報漏洩等の発見・調査・対策、全国ネットワークで現代のセキュリティをご提供する、業界トップの技術を誇る【MAMOtech security】

GPS追跡装置(GPS発信器)

【車両用GPS追跡装置(GPS発信器)】
盗聴・盗撮・GPS・電磁波・ハッキング・情報漏洩等の発見・調査・対策、全国ネットワークで現代のセキュリティをご提供する、業界トップの技術を誇る【MAMOtech security】 盗聴・盗撮・GPS・電磁波・ハッキング・情報漏洩等の発見・調査・対策、全国ネットワークで現代のセキュリティをご提供する、業界トップの技術を誇る【MAMOtech security】 盗聴・盗撮・GPS・電磁波・ハッキング・情報漏洩等の発見・調査・対策、全国ネットワークで現代のセキュリティをご提供する、業界トップの技術を誇る【MAMOtech security】
GPS追跡装置(GPS発信器)は、車両の現在地(位置情報)を取得するためのデジタル式位置情報通信端末です。現在膨大な数のGPS位置情報通信端末が、社会の中でさまざまな目的のために利用されています。
この車両用GPS追跡装置(GPS発信器)は、位置情報の取得に特化したデジタル式通信端末であり、極めて正確な現在地(位置情報)を取得することができます。
GPS追跡装置(GPS発信器)が使用する通信電波はデジタル通信電波であり、広帯域受信機でその通信電波を捉えることはできません。
車両用GPS追跡装置(GPS発信器)本体は、GPS衛星から発信されるGPS信号を受信して現在地の緯度、経度を測位して現在地を割出します。
しかし、GPS衛星からのGPS信号を受信することができない地点(場所)にある場合には、携帯電話基地局との通信から現在地を割出すことができる優れた位置情報通信端末です。
したがって、車両用GPS追跡装置(GPS発信器)の使用範囲は、GPS衛星からのGPS信号を受信できる範囲もしくは携帯電話の基地局がカバーする通信範囲で使用することができ、ほぼ日本全国の地域で使用することができる優れたデジタル式位置情報通信端末です。
さらに位置情報通信端末のシステムがグローバル通信システムを搭載していれば、通信をカバーすることができる世界各国が対象地域となります。
このような車両用GPS追跡装置(GPS発信器)の電源は、基本ボックス型のリチウム充電池、リチウム電池、単三電池などが使用われますが、電池の消耗により一定期間ごとの交換が必要になります。
盗聴・盗撮・GPS・電磁波・ハッキング・情報漏洩等の発見・調査・対策、全国ネットワークで現代のセキュリティをご提供する、業界トップの技術を誇る【MAMOtech security】
また、リチウム充電池、リチウム電池、単三電池等の電源の消耗を解決するために車両内の配線に取付けられた車両用GPS追跡装置(GPS発信器)が確認されています。
この場合、電源が配線から常に供給され半永久的に車両用GPS追跡装置(GPS発信器)を動かすことができます。
一般的に電池式の場合、電源の持続時間は限られてきますが、長期間持続ができるように電池容量を増やし約1ヵ月以上持続することができる車両用GPS追跡装置(GPS発信器)が確認されています。
車両用GPS追跡装置(GPS発信器)の通信はデジタル電波で行われますが、常時通信しているわけではありません。必要な時にだけ少ない時間(10~15秒)で通信を行い、現在地(位置情報)を割出し、携帯電話ネットワークに送信して通信を終了します。
したがって、必要がない時には通信を行うことはありません。ただし、車両用GPS追跡装置(GPS発信器)と基地局との基本交信は数十分間に一度の割合で定期的に行われますが、この通信を捉えることは極めて困難です。(不可能に近い)
従来のアナログ電波の検出方法ではデジタル通信電波を捉えることも、その通信源を突き止めることもできません。デジタル通信電波を監視、捉える高度な技術と高性能対応機器が必要です。
また、車両用GPS追跡装置(GPS発信器)本体を検出することが必要です。
【車両用音声機能GPS追跡装置(音声機能GPS発信器)】
音声機能GPS追跡装置(音声機能GPS発信器)は、音声情報と車両の現在地(位置情報)を取得するためのデジタル式位置情報通信端末です。
現在膨大な数の音声機能GPS位置情報通信端末が、社会の中でさまざまな目的のために利用されています。
この車両用音声機能GPS追跡装置(音声機能GPS発信器)は、音声情報と位置情報の取得に特化したデジタル式通信端末であり、音声の取得と極めて正確な現在地(位置情報)を取得することができます。
音声機能GPS追跡装置(音声機能GPS発信器)が使用する通信電波はデジタル通信電波であり、広帯域受信機でその通信電波を捉えることはできません。
車両用音声機能GPS追跡装置(音声機能GPS発信器)本体は、携帯電話通信ネットワークを使用して音声を取得する機能とGPS衛星から発信されるGPS信号を受信して現在地の緯度、経度を測位して現在地を割出す機能があります。
しかし、GPS衛星からのGPS信号を受信することができない地点(場所)にある場合には、携帯電話基地局との通信から現在地を割出すことができる優れた位置情報通信端末です。
したがって、車両用音声機能GPS追跡装置(音声機能GPS発信器)の使用範囲は、GPS衛星からのGPS信号を受信できる範囲もしくは携帯電話の基地局がカバーする通信範囲で使用することができ、ほぼ日本全国の地域で使用することができる優れたデジタル式位置情報通信端末です。
さらに位置情報通信端末のシステムがグローバル通信システムを搭載していれば、通信をカバーすることができる世界各国が対象地域となります。
このような車両用音声機能GPS追跡装置(音声機能GPS発信器)の電源は、基本ボックス型のリチウム充電池、リチウム電池、単三電池などが使用われますが、電池の消耗により一定期間ごとの交換が必要になります。
この電源の消耗を解決するために車両内の配線に取付けられた車両用音声機能GPS追跡装置(音声機能GPS発信器)が確認されています。
この場合、電源が配線から常に供給され半永久的に車両用音声機能GPS追跡装置(音声機能GPS発信器)を動かすことができます。
一般的に電池式の場合、電源の持続時間は限られてきますが、長期間持続ができるように電池容量を増やし約1ヵ月以上持続することができる車両用音声機能GPS追跡装置(音声機能GPS発信器)が確認されています。
車両用音声機能GPS追跡装置(音声機能GPS発信器)の通信はデジタル電波で行われますが、常時通信しているわけではありません。
必要な時にだけ少ない時間(10~15秒)で通信を行い、現在地(位置情報)を割出し、携帯電話ネットワークに送信して通信を終了します。
したがって、必要がない時には通信を行うことはありません。ただし、車両用音声機能GPS追跡装置(音声機能GPS発信器)と基地局との基本交信は数十分間に一度の割合で定期的に行われますが、この通信を捉えることは極めて困難です。(不可能に近い)
従来のアナログ電波の検出方法ではデジタル通信電波を捉えることも、その通信源を突き止めることもできません。
デジタル通信電波を監視、捉える高度な技術と高性能対応機器が必要です。
また、車両用音声機能GPS追跡装置(音声機能GPS発信器)本体を検出することが必要です。
【OBDⅡコネコター型GPS追跡装置(OBD-Ⅱ型GPS発信器)】
盗聴・盗撮・GPS・電磁波・ハッキング・情報漏洩等の発見・調査・対策、全国ネットワークで現代のセキュリティをご提供する、業界トップの技術を誇る【MAMOtech security】 盗聴・盗撮・GPS・電磁波・ハッキング・情報漏洩等の発見・調査・対策、全国ネットワークで現代のセキュリティをご提供する、業界トップの技術を誇る【MAMOtech security】 盗聴・盗撮・GPS・電磁波・ハッキング・情報漏洩等の発見・調査・対策、全国ネットワークで現代のセキュリティをご提供する、業界トップの技術を誇る【MAMOtech security】
車のOBDⅡコネコター(端子)にスキャンツール(診断機)を接続すると、ECU(エンジンコントロールユニット)と言われるエンジン制御を行っているコンピューターにアクセスし情報を読み出すことができます。
現在に至っては、コンピューター・制御技術の進化や排ガスのクリーン化・燃費等をさらに向上させるため、エンジンは元よりトランスミッション・ブレーキ・ボディーなど細部に至るまでさまざまな部分を監視、制御、記録しています。
現在、車に搭載されているコンピューターと通信を行う際に必要となるのがOBDⅡという規格になります。
このOBDⅡコネコター(端子)又はOBDⅡケーブルに接続するOBDⅡコネコター型GPS追跡装置(OBD-Ⅱ型GPS発信器)が確認されています。
盗聴・盗撮・GPS・電磁波・ハッキング・情報漏洩等の発見・調査・対策、全国ネットワークで現代のセキュリティをご提供する、業界トップの技術を誇る【MAMOtech security】
現在の車両情報と現在地(位置情報)がネットワーク通信を介して取得されてしまいます。
従来のアナログ電波の検出方法ではデジタル通信電波を捉えることも、その通信源を突き止めることもできません。
デジタル通信電波を監視、捉える高度な技術と高性能対応機器が必要です。
また、OBDⅡコネコター型GPS追跡装置(OBD-Ⅱ型GPS発信器)本体を検出することが必要です。
【車両用追跡音発信器】
GPS追跡装置(GPS発信器)ではありませんが、車両用追跡音発信器という機器が確認されています。
デジタル通信端末ではなく、アナログ発信電波を使用する追跡発信器です。
この車両用追跡音発信器の特徴は、アナログ電波を1~3秒間隔で一回発信する間欠発信、一秒間に1~9回の間欠発信を行う機種があります。
後者の場合、電波の発信幅は1/500秒(2ms)の極めて短時間の電波発信になります。
間欠発信電波の到達距離は、機器の出力にもよりますが1km又はそれ以上の距離まで到達します。この間欠発信電波を受信することで、電波の飛んでくる方向とおおよその距離感を判断することができます。
間欠発信電波に変調をかけることにより、特殊な受信モードでなければ間欠音を復調することができない機種、専用の受信機でなければ間欠電波を確認することができない機種が確認されています。
電源は主にリチウム電池・アルカリ電池が使用され、装着される電池の容量にもよりますが、約1ヶ月又はそれ以上持続するタイプが確認されています。
従来のアナログ電波の検出方法では特殊な間欠発信電波を捉えることも、その間欠発信源を突き止めることもできません。
特殊な間欠発信電波を監視、捉える高度な技術と高性能対応機器が必要です。
また、車両用追跡音発信器本体を検出することが必要です。

GPS追跡装置(GPS発信器)の検出

【GPS追跡装置(GPS発信器)の検出】
デジタル通信を双方向で行うため、この通信電波を捉えるには専用の検出機器が必要です。アナログ受信機、その他アナログ探知器等ではデジタル通信を捉えることはできません。
●GPS追跡装置(GPS発信器)は、基地局との基本交信を数十分間に一度行いますが、短い時間で完了するため検出するには専用の検出機器が必要です。アナログ受信機、その他アナログ探知器等ではデジタル通信を捉えることはできません。
●待機状態にあるGPS追跡装置(GPS発信器)は、通信電波一切出さないため、検出するためにはGPS追跡装置(GPS発信器)の通信基盤等を検出できる特殊な機器が必要です。アナログ受信機、その他アナログ探知器等は、アナログ発信電波を探知する機器です。デジタル通信を行っていてもその通信電波を捉えることはできません。待機状態のGPS追跡装置(GPS発信器)を検出するためには、本体を検出しなければなりません。
●ドアパネル内部、後部ドアパネル内部、天井内部、バックランプ内部周辺、ヘッドライト内部周辺、シート内部など、そのつど取外して確認するには作業手間等の関係上、無理があります。取外さなくても内部のGPS追跡装置(GPS発信器)の有無を検出するためには特殊な検出器が必要です。
●車両の配線(ハーネス)に取付けられたケースでは、どのようにしてGPS追跡装置(GPS発信器)の調査を行うかが重要な問題です。車にはたくさんの配線(ハーネス)がはわせてあります。一つ一つ表に出して確認することは現実的に無理です。目視、手探りではおのずと限界があります。
双方向のデジタル通信を専用の検出機器で監視しつつ、本体を検出できる特殊な検出器を使用できる部分について調査することが必要です。
これらの理由により、GPS追跡装置(GPS発信器)の検出には、高度な検出技術、専用の検出機器が必要になります。
一般的にGPS追跡装置(GPS発信器)の調査方法は、目視、手探りで行われます。この方法では限界があり、納得のいく調査結果を出すことは不可能です。
また、GPS追跡装置(GPS発信器)の通信システム、通信周波数、GSM通信方式、W-CDMA通信方式、cdma通信方式、本体構造、通信基盤などの知識を深く身につけていなければなりません。
現在の社会においては、誰でもが突然にGPS追跡の対象者となり、誰でもが突然にGPS追跡者になってしまう状況にあります。身近な人物あるいは他の第三者が「GPS追跡装置(GPS発信器)を仕掛ける」予想も付かない社会状況です。
GPS追跡されていることは、GPS追跡装置(GPS発信器)が運よく発見されなければ、GPS追跡されていることにまったく気づきようがありません。
そして何らかの理由で発見されなければ、GPS追跡装置(GPS発信器)が設置されたまま永久的にプライバシーが漏洩し続けることになります。

"MAMOtech security" は安心できる環境、安全な環境をご提供します。