盗聴,盗撮,GPS,電磁波,ハッキング,情報漏洩,発見,調査,対策,スマホ,iPhone,マモテック,MAMOtech盗聴,盗撮,GPS,電磁波,ハッキング,情報漏洩,発見,調査,対策,スマホ,iPhone,マモテック,MAMOtech

【お客様相談窓口:正規代理店東京店】03-5856-5117
【お客様相談窓口:本社】0120-49-2026
24時間年中無休

盗聴・盗撮・GPS・電磁波・ハッキング・情報漏洩等の発見・調査・対策、全国ネットワークで現代のセキュリティをご提供する、業界トップの技術を誇る【MAMOtech security】盗聴・盗撮・GPS・電磁波・ハッキング・情報漏洩等の発見・調査・対策、全国ネットワークで現代のセキュリティをご提供する、業界トップの技術を誇る【MAMOtech security】

低周波・高周波電磁波
極低周波の影響

低周波の電磁波による生体への影響
超低周波電磁波を発生するものには、屋内配線、高圧電線、電柱上のトランス、オール電化住宅、パソコン、ドライヤー、電気かみそり、電磁調理器、電気毛布、電気カーペットなど、屋外・室内環境にはたくさん発生するものがあります。
電磁波を発生する発生源として、電気を供給している<屋内配線>があります。
屋内配線は、床・壁・天井などの内部に張り巡らされています。
この屋内配線から電磁波の<交流電界>又は、<交流電磁界>が発生しています。
交流電界は、配線に対して360度方向に、直径70cmの範囲で交流電界が発生しています。
これらの超低周波電磁波の人体に与える影響について、WHOは、「電磁波と健康被害の直接の因果関係は認められないが、関連は否定できず、予防的な対策が必要だ。」と結論付けています。
また、「低周波の電磁波は生体に悪影響を及ぼす可能性がある。」とさまざまな各機関等から報告されています。
盗聴・盗撮・GPS・電磁波・ハッキング・情報漏洩等の発見・調査・対策、全国ネットワークで現代のセキュリティをご提供する、業界トップの技術を誇る【MAMOtech security】 盗聴・盗撮・GPS・電磁波・ハッキング・情報漏洩等の発見・調査・対策、全国ネットワークで現代のセキュリティをご提供する、業界トップの技術を誇る【MAMOtech security】
欧米各国では超低周波電磁波の問題が指摘され、高圧送電線を住宅地や学校などから一定距離隔離するなどの電磁波対策が講じられています。
しかし、日本ではそのような電磁波対策が成されていません。
電磁波と人体への健康被害の科学的因果関係が証明・解明されていないからです。
今後、さらに研究が進み電磁波と健康被害の因果関係が科学的に証明・解明されていくものと思います。
私たちは、予防原則のもとで人体の健康被害に影響を及ぼす可能性がある電磁波に対する自己防衛を行うという考え方が大切だと思います。
※予防原則(生活環境・自然環境に対して被害をあたえる脅威については、科学的な証拠がなくても事前回避の措置を定めるという原則。)
予防原則に基づく超低周波電磁波の対策を講ずるには、
●現在の低周波電磁波の電界強度・磁気強度の計測調査を行う。
●計測調査した電界強度・磁気強度の値に基づいて、適切な電磁波低減対策を行う。