盗聴,盗撮,GPS,電磁波,ハッキング,情報漏洩,発見,調査,対策,スマホ,iPhone,マモテック,MAMOtech盗聴,盗撮,GPS,電磁波,ハッキング,情報漏洩,発見,調査,対策,スマホ,iPhone,マモテック,MAMOtech

【お客様相談窓口:正規代理店東京店】03-5856-5117
【お客様相談窓口:本社】0120-49-2026
24時間年中無休

盗聴・盗撮・GPS・電磁波・ハッキング・情報漏洩等の発見・調査・対策、全国ネットワークで現代のセキュリティをご提供する、業界トップの技術を誇る【MAMOtech security】盗聴・盗撮・GPS・電磁波・ハッキング・情報漏洩等の発見・調査・対策、全国ネットワークで現代のセキュリティをご提供する、業界トップの技術を誇る【MAMOtech security】

低周波・高周波電磁波
人体に影響を及ぼす可能性がある電磁波の健康被害

高周波の電磁波による生体への影響
電磁波に被爆することによって、人体に影響を及ぼす可能性がある諸症状として考えられる健康被害です。
(表にある部位に電磁波が作用した場合、発症する可能性のある症状)健康被害については、科学的に因果関係が証明・解明されていないため、判断できませんが、電磁波に関する注意すべき重要なことです。
特に注視する健康被害として、電磁波が及ぼす発がんの可能性、高圧送電線と小児白血病・その他のガンの因果関係(4ミリガウス以上で発症者が増加)、携帯電話からの電磁波による脳に対する影響(悪性脳腫瘍など)、コンピューター使用者に流産・障害児出産の多発などがあります。
●目・・・・・・・・かすみ目、網膜炎症
●耳・・・・・・・・目まい、吐き気
●循環系・・・・・・心臓部の不快感、動悸息切れ、不整脈、血圧変化、心電図異常、子供の突然死
●腫瘍など・・・・・白血病 脳腫瘍、乳がん、リンパ腫瘍、睾丸がん
●自律神経系・・・・頭痛、疲労、倦怠感、眠気、不眠、ストレス、神経衰弱、精神疲労
●突然変異など・・・染色体異常、女児出産率増大、流産
●内分泌系・・・・・免疫力低下、精力減退、卵子形成減少
●最新・・・・・・・アルツハイマー、肺がん、ALS、自殺、うつ、他
人体に影響を及ぼす可能性のある電磁波の作用
高周波の電磁波は、マイクロ波に分類されます。
このマイクロ波の電磁波が人体に影響を及ぼし、健康被害を引き起こす可能性があると考えられています。
特に携帯電話などのパルス変調高周波を利用している無線通信機器・無線通信基地局からの高周波電磁波は、その危険性が危惧されています。
マイクロ波による電磁波の作用には、<刺激作用>、<熱作用>、<非熱作用>があります。
盗聴・盗撮・GPS・電磁波・ハッキング・情報漏洩等の発見・調査・対策、全国ネットワークで現代のセキュリティをご提供する、業界トップの技術を誇る【MAMOtech security】
<刺激作用>
電波があたっている金属に触ると、人体に電流が流れます。
また、電磁波の影響により体内で誘導電流を生じる場合もあります。
これらの電流がある程度の強さ以上の場合には、「ビリビリ」・「チクチク」と感じます。
これが電波による刺激作用です。この感覚は電波の周波数と関係しています。
100Khz程度までは感じやすく、100Khz程度になると弱くなり、100Khz以上ではほとんど感じません。
つまり、電波の周波数が高くなるほど影響が薄れてきます。
電流が流れて刺激を感じること自体は危険ではありません。低周波治療機はこの刺激作用を利用した医療機器です。
携帯電話の周波数は100Mhzより非常に高いため、刺激作用はありません。
従って、携帯電話の高周波電磁波の刺激作用による人体への影響は問題ありません。
<熱作用>
電波が人体にあたると、その一部は反射されますが、一部は人体に吸収されます。
吸収された電波のエネルギーは熱となり、全身または部分的に人体の体温を上昇させます。この温度上昇によって起きる生体作用を熱作用といいます。
この温度上昇のため、暖かく感じることがあります。
この感じ方も周波数と関係しており、刺激作用とは逆で刺激を感じなくなる100Khz辺りから熱作用のほうが大きくなり、10Mhz以上になると熱作用が支配的になります。
携帯電話で使われている電波の周波数(800Mhz帯、1.5Mhz帯、2.0Mhz帯)は、熱作用が支配的となる周波数帯に属します。
また、電磁波の熱作用を利用した調理機器が電子レンジ(2.45Mhz)です。この携帯電話の電磁波と電子レンジ電磁波が非常に近い周波数帯(同じマイクロ波)であることが、ひとつの大きな問題になっています。
電子レンジの中の食物と同様に、携帯電話を使用することにより人間の脳や眼球も加熱されているのではとの見解もあります。
また、マイクロ波の特徴でもあるホットスポット効果(ものの中心に電磁波が集まり熱を発生させるというもの)により頭部の中心部が集中的に熱せられているのではないかとの考え方もあります。
確かに、体温が1~2℃程度上昇するだけでも、人体に大きな影響を与えるということは多くの動物実験から知れています。
特に、血管が少ない眼球や睾丸は、熱拡散が難しいので熱の影響を受けやすい器官となります。
電子レンジの出力500W~1000W(ワット)に対して、携帯電話の出力は0.6~0.8Wぐらいなので、1000分の1程度のエネルギーとなります。
1℃程度の体温上昇を引き起こすには、安静状態の人で全身に1Kgあたり約4Wもの電波のエネルギー(全身平均SARで1~4W/Kg)を吸収する必要があります。
一般の環境において、このような大きな電波のエネルギーを吸収することはありませんので、熱作用による人体への影響は問題ないと考えられます。
<非熱作用>
電磁波の非熱作用が人体に影響を及ぼす可能性があるとの各報告が、重大な問題だと考えられています。
この非熱作用の影響により、人体はさまざまな諸症状を発症すると考えられています。
しかし、科学的に因果関係が証明・解明されていないため判断できませんが、電磁波の非熱作用に関する注意すべき重要なことです。
下記の非熱作用の影響が危惧されています。
危惧される非熱作用の影響
●遺伝子損傷による、突然変異細胞出現やガン発症
●循環器系への影響で血圧上昇
●神経系への影響で、神経系疾患、頭痛、脳腫瘍など発症、学習能力の欠損、睡眠への影響
●ホルモン系への影響で免疫の低下、アルツハイマー型認知症の発症、睡眠への影響うつ病、ガン発症
●生殖機能への影響など